不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産探しで出会う建築条件付の土地とは

土地探しをしていると、たまに注意書きで「建築条件付き」や「建築条件無し」といった表示を見つける事があります。この建築条件とはいったいどのような条件なのでしょうか?建築条件とは正式には「建築条件付き土地取引」と言います。その土地を購入した人は、約三ヵ月という期間内に不動産業者より指定された建築業者と住宅建築の契約を締結する事を条件に販売される土地という事になります。建築条件無しとなっている土地を購入した場合は、あくまでも土地だけを購入したのであり、どの建築業者で建築しても、いつ着工しても良く、お気に入りの設計士に依頼するなども可能なのですが、条件付の土地はその自由が無くなるという事がデメリットです。

では建築条件付きの土地を購入する事にメリットはあるのでしょうか?まず住宅を建築する場合、土地というのは建物契約より先に取得する場合が多く、その後ハウスメーカーを探して建築契約を結ぶとなると手間と期間と手数料が余計にかかります。その点条件付の土地であればすべて同時に済むので手間が少なく済むというメリットがあります。また条件付の土地というのは相場に比べて安い価格で販売される場合が多くなります。特に複数の区画を同時に販売するような場合は割安感が高くなります。