不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産に関する入門資格、宅建対策。

不動産業界に携わるにあたって、その入門的な資格となるのが宅地建物取引主任者の資格ということになるでしょう。不動産取引を取り扱う宅建業者には、宅地建物取引主任者設置義務が課せられています。都道府県が行う試験に合格し、不動産に対する専門的な知識を持っている人が「宅地建物取引主任者」ということになります。

不動産業界の他にも、民法なども試験科目に含まれていることから、法務系の資格としても、この資格には人気があり、毎年多くの受験者がこの資格に挑戦しています。毎年10月に行われるこの試験ですが、これから半年以上かけて勉強を続けていけば、独学であっても十分に合格圏内を目指すことができますので、取得を目指すのならば、今から手を付け始めるのが良いと思います。

入門的な資格とは言いましたが、それは決して楽に取れる資格という意味ではありません。特に法律系についてはまったくの素人ということであれば、まず用語で苦労することになると思いますので、早め早めに学習を始めるのが良いと思います。また学習方法については、独学か通学か通信教育かのいずれを選択するかは悩みどころですが、先ほどのような法律なんてまったく初めて勉強するという方は、通学か通信教育を選ぶ方が無難かも知れません。

オススメワード