不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産の財産評価について

不動産の財産評価について記事を投稿させていただきます。相続税の課税価格を計算する場合には、宅地の種類により変わります。宅地の評価についてですが、宅地は1画地ごとに評価を行います。1画地とは、不動産登記の単位である筆や地目では無く、実際に利用されている一体の土地の状態のことをいいます。宅地の評価方法は、路線価方式、倍率方式の2種類があります。路線価方式とは、国税局長が市街地の道路に定めた路線価をもとにして計算したものです。倍率方式とは、市街地以外の場所では、その宅地の固定資産税評価額に国税局長が定めた倍率を乗じて計算します。

市街地の宅地は、路線価図に示された道路ごとに表示された路線価や借地権割合、地区区分に従って計算します。路線価の無い地域では、固定資産税評価額をもとに倍率方式で計算を行います。宅地評価額は原則として、正面路線価×地積(土地の面積)で算出します。正面路線価とは、それぞれの路線価に奥行価格補正率を乗じた価格の高いほうを言います。

宅地の上に存在する権利の評価についてですが、借地権の評価(借地人の財産)は、路線価図にある借地権割合によります。借地権の評価額は、自用地評価額に借地権の割合を掛けて算出できます。

オススメワード