不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

伊豆半島の不動産物件について

静岡県の伊豆半島の不動産物件は、同じ静岡県内の他の地域の不動産物件と比べても、かなり異なった特徴があります。それは、以前から別荘地として繁栄してきた経緯がある為、別荘物件やリゾートマンション物件が非常に多い事です。

別荘地自体の数も非常に多い為、土地物件、建物物件を問わず物件数も多く、購入予定者にとって選び甲斐のあるものになっています。一戸建て別荘が立ち並ぶ別荘地の場合は、海から少し離れた低山に立地するケースが多く、場所がら温泉の引き込みをしている別荘地も多く存在します。販売されている土地は、山岳地帯ゆえに傾斜地である事が多く、坪単価は概ね低目に抑えられています。又、中古別荘の売り物件も多数ありますが、築年数の古い物件が多く、その分販売価格も買い易い価格帯の物が多くなっています。

一方、リゾートマンションは、海沿いに立地している場合が多く、海の眺望を楽しめる物件も多く見られます。新築や築浅の物件は少なく、高度経済成長期やバブル期の、景気の良い時期に建てられた物件が大半を占めています。それなりの年数を経過している為、竣工当時は数千万円したであろう物件でも、今や数百万円程度で購入出来るものが多くなっています。

オススメワード