不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産売却のカギは信頼できる業者をみつけること

不動産の際に、物件と消費者の間には不動産業者入って取引を円滑に進めてくれます。契約内容は細かい字で記載されていることが多く、すべてに目を通してみても不動産の用語などで書かれた文章を理解することは難しいものです。

購入した物件を売却したくなったときに依頼するのも不動産業者です。物件の価格を査定してもらい、契約を結んで買い手を探してもらいます。このときに結ぶ契約を媒介契約と呼びます。この契約には、一つの業者だけに依頼する専任契約や専任専属契約と、複数の業者に依頼できる一般契約があります。専任契約は、物件の販売活動をする業者が一社になるので間口が狭くなります。そのため、その業者にはどのような営業活動をしているのかを売主に報告する義務があります。また3か月の契約期間が終わると専任契約は終わるため、この期間内に買主を見つけるよう努力をしてくれるメリットがあります。しかし、不動産業者によっては、その物件に他の業者から購入依頼がきてもよい対応をしないこともあるようです。これは、買主からの仲介手数料が入らなくなることを嫌がるためです。このようなことを避け、よい売却活動をするために信頼できる業者を見つけましょう。