不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

法改正により期間を定めた不動産の賃貸借が可能に

不動産を借りる時は、借主と貸主が賃貸借契約を結びます。大抵は2年契約となっており、2年ごとに双方の合意により更新できることになっています。借主が契約を更新するかどうかは自由ですが、貸主のほうからは、よほどの事情がない限り、一方的な契約解除はできないことになっています。2年契約なのに、契約終了のタイミングで解除できないのはおかしいと思われるかもしれませんが、住まいは人間が生活する上で欠かせないものですから、不動産の賃貸借契約では借主が突然住まいを奪われることがないよう、配慮されています。

しかしそれでは貸主があまりにも不利だということで、法改正がなされ、現在は定期賃貸借契約というものができました。これは、賃貸借の期間を定め、期間終了後は借主に退去させることができる契約です。借主もはじめから数年間と承知の上で住まなければなりません。その代わり、家賃は相場よりも割安になっていることが多いです。この法改正により、転勤などで一定期間住めなくなったものの手放したくない不動産を持っている人が、住まない間他人に不動産を貸せるようになりました。以前は一旦貸してしまえば戻りたい時に戻れない、というデメリットがありました。期間限定でも相場より安い住まいを探している人はいますので、貸主、借主双方にメリットのある法改正です。