不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

依頼先によって異なる戸建て不動産の費用

家を建てる時は、依頼先によって費用が異なります。ハウスメーカーのように、多くのデザインを既に規格として持っているような場合は、意外にも規格外のデザインでない限り安く抑えることができたりしますが、設計事務所に依頼すれば設計量だけで全体の2割を超えたりします。不動産購入では詳細な見積りを取ることが基本ですが、事前に依頼先による費用の違いを知っておくことも大切だと思います。戸建て不動産はハウスメーカーか設計事務所というイメージが強いと思いますが、工務店に依頼する人も少なくありません。予算に応じて柔軟に対応してくれる点が工務店のメリットです。

設計事務所に戸建て不動産を依頼すると高くつくと思われているのは、設計料が他のケースよりも高めに設定されているからです。確かに最後に一律で2割増しの設計料を設定するような事務所では、3000万円の家が3600万円になってしまいますので、高いと感じますが、事務所ごとにかなり差がありますので決めつけるのは早計です。またハウスメーカーは仕様変更をすると急に見積額が高くなりますが、設計事務所ではそのようなことはありません。自由度を優先したいなら設計事務所が適しています。