不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

戸建て不動産のための土地探しについて

戸建て不動産はいまだ多くの人の憧れのマイホームです。日本人が戸建てに憧れるのは、土地神話があるからだと言われています。土地神話とは、土地の値段が上がり続けると信じられていたことです。冷静に考えればそんなことがあるはずないのですが、高度成長期、バブル期と続いた日本では、実際に土地の値段が下がるなんてことはありませんでしたし、今後も日本経済は発展を続け、土地の値段は上がり続けると皆が信じていました。特に同じようなプレハブ住宅が建つ建売ではなく、デザインや間取りを自由に選択できる注文住宅が今でも人気があります。

注文住宅を建てるにはまず土地だけの売り物件を探す必要があるわけですが、意外と土地だけの売り物件というのはありません。分譲区画なら大抵は建築条件付です。しかし根気良く探せばきっと見つかるでしょう。売り土地で時々古家付き、という物件があります。普通建物には築何年、木造などの情報が記載されているものですが、単に古家付き、と表記されている物件は、取り壊すか大幅なリフォームをしなければそのままでは住めないような建物です。こういった売り土地を注文住宅用に購入するのも良いですが、解体費用がかかることを忘れてはいけません。建物の構造や大きさによっても解体費用は変わってきますので、不動産屋に情報を確認するようにしましょう。

オススメワード