不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産の価格に関するよくある勘違い

不動産は大きくて広いほど高くなる、と思われがちですが、実は一概にそうとは言い切れません。隣り合った家でも延床面積が大きいほうが安く建てられるケースはいくらでもあります。実に簡単な話で、たとえば曲線の家を建てようと思えば大変複雑な工事が必要になり費用も嵩むわりに、居住空間は狭くなります。反対に真四角の家は居住空間も広々としていて工事費もあまりかかりません。結果的に広い家なのに安く済む、というわけです。真四角の家を建てようと思えば正方形の綺麗な土地が必要ですから、土地の形状も不動産の価格に影響を与えることになります。

また接している道路との距離や形状にも影響されます。広い道路に面していると工事もしやすいため、結果的にかかる費用は安く済みます。一方で狭い道路に面していると、目の前にトラックを停められず、どこかに停めて材料をいちいち運ばなくてはなりません。時間がかかれば工期が延びますので費用が嵩みます。そして誤解されやすいのが、建物の大きさです。大きいほど高くなると思われがちですが、精密機器と同じで家もある程度大きいほうが工事は簡単です。高機能で小さくて住みやすい家、というのは逆に高くつくことを覚えておきましょう。

オススメワード