不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

不動産の価値はネームバリューではない

家を建てる時は、誰もが名前を知っているような大手ハウスメーカーで建てたいと思う人も多いと思います。ブランド力とは強いもので、コマーシャルで誰もが耳にしたことのあるハウスメーカーで建てた家だというだけで、ステータスになるのも事実です。しかし不動産の価値とは本当のところネームバリューではありません。どれだけ住みやすく、どれだけ長持ちするかです。長持ちするかは施工にもよりますが、住む人によっても家の寿命はずいぶんと変わります。価値観も人それぞれですので、有名なハウスメーカーで建てたからといって、必ずしも価値のある不動産とは言えません。

ここ数年の、ハウスメーカーが発表している坪単価は年々上がっています。地方の小さなハウスメーカーなら50万円代もありますが、そこそこ名の通った大手ですと平均して70万〜90万程度です。年々上がっているのは、日本人の家に対する考え方が変わってきているからだと思います。震災後、特に耐震性や省エネに対して関心が高まっているように思います。そもそも日本の住宅は欧米のそれと比べると耐久性が低かったので、建物の構造を強化して長持ちする家を皆が望むようになったことは、良い傾向だと思います。

オススメワード