不動産購入はモデルルームから始まる

不動産購入はモデルルームから始まる

戸建て不動産も一大プロジェクト

何もない土地に建物を建てるのは一大事業です。マンションのような大規模不動産はもちろんですが、戸建て不動産も同様です。注文住宅の完成に時間がかかるのは、単に今ある土地に建物を建てるだけではなく、様々な調査や申請が必要だからです。どのような項目があるのか具体的に挙げていきます。まずは建物の建設です。建物の材料費、建設にかかる人件費等を本体工事費と呼んでいます。しかし土地に建物を建てただけでは家として機能しません。家として住めるようにするためには、電気や水道、ガスの引き込み工事が必要です。照明や電話線などの回線関係、外溝工事ももちろん不可欠でしょう。

水道や電気はもちろん近くまで開通していることが条件です。下水が整備されていない地方では、水洗トイレは設置できないことになります。下水を引き込むには道路から家までの距離に応じた費用がかかります。地域によっては補助金が出ることもありますが、すべて自己負担のエリアもあります。建物を建てる前提条件として、地盤調査や場合によっては地盤改良工事も必要になります。地盤改良が終わってようやく基礎工事が始まります。特殊な地盤改良や基礎工事が必要な場合は現場近くに仮設場を設けることもあります。仮設場を設けるにも工事が必要です。